ビットレート

ビットレートとは、簡単にいうと「動画の画質、音質を決めるもの」です。ビットレートの値が上がるほど高画質、高音質な動画になります。しかし、ビットレートを上げると動画のファイルサイズが大きくなる、再生時の負荷が上がるという性質があるため闇雲にビットレートを上げればよいわけではありません。

ビットレートはどのくらいにすればよいのか

ビットレートは「ファイルサイズの上限」と「ビットレートの上限」の2つで決まります。ちなみに、ブルーレイ、DVD、ニコニコ動画のMP4(自分でエンコードする場合)のそれぞれの上限は以下のとおりです(2011年7月現在)。
ブルーレイ
(片面1層)
DVD
(片面1層)
ニコニコ動画MP4
(一般会員)
ファイルサイズの上限25GB4.7GB40MB
ビットレートの上限40Mbps9.8Mbps600kbps
例えば、ニコニコ動画用にMP4動画を作る場合、ファイルサイズの上限は40MB、ビットレートの上限は600kbpsとなります。短時間の動画であれば限界の600kbpsでも大丈夫ですが、長時間の動画は600kbpsだとファイルサイズが40MBを超えてしまいます。このような時はビットレートを下げることで対処します。ビットレートは指定した値から多少上下するので、上限ピッタリではなく少し余裕を持たせるようにしましょう。

例ではニコニコ動画について見ましたがブルーレイやDVDについても同様です。動画サイトのファイルサイズ、ビットレート等の上限は各サイトで異なるので、詳細は必ず自分で確認して下さい。


動画サイトに投稿する際に気をつけること

ビットレートが高くなると動画を再生するPCへの負荷が高くなります。ファイルサイズに余裕があるからと言ってビットレートを上げる過ぎるのはよくありません。

視聴者はPCに詳しくない人も多く、安価なPCやネット回線を使っている場合があります。つまり、PCスペックがよくない、ネットの速度が遅いということが意外と多いのです。そのような環境では高ビットレートの動画はまともに再生できないため、視聴を避けられてしまうかもしれません。より多くの人に快適に動画を見てもらえるようビットレートは上げ過ぎないようにしましょう。

▲ページのトップへ